フランシスコ教皇きょうこう「みんながワクチンをけなければならない」

Article header image

ローマ教皇庁きょうこうちょう14日じゅうよっか、84さいのフランシスコ教皇きょうこうと、まえ教皇きょうこうで93さいのベネディクト16せいが、あたらしいコロナウイルスのワクチンをけたといました。バチカンでは13にち病院びょういんはたらひとやお年寄としよりのためのワクチンの注射ちゅうしゃはじまりました。フランシスコ教皇きょうこうは、わかいときに病気びょうきはい一部いちぶっています。 フランシスコ教皇きょうこうは「コロナウイルスは、自分じぶんだけではなくて、ほかのひといのち危険きけんにします。ワクチンをけることは、みんなをまもるために、みんながしなければならないことです」とはなしました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore