JR東日本ひがしにほん 水素すいそはし電車でんしゃを2030ねんから使つか計画けいかく

Article header image
JR東日本ひがしにほんは、自動車じどうしゃつくっている会社かいしゃなどと一緒いっしょに、日本にっぽんはじめて水素すいそ使つかってはし電車でんしゃつくりました。 この電車でんしゃは、屋根やねうえにあるタンクにはいっている水素すいそと、空気くうきなかにある酸素さんそから電気でんきをつくります。はしっているときは、二酸化炭素にさんかたんそしません。スピードは時速じそく100kmまですことができます。 JR東日本ひがしにほんは18にち、この電車でんしゃ電気でんきをつくるところをせました。電気でんきをつくりはじめると、電車でんしゃしたからみずました。 日本にっぽんには、水素すいそでつくった電気でんきはしくるまやバスがありますが、電車でんしゃはまだありません。JR東日本ひがしにほんは、来月らいげつわりから神奈川県かながわけん線路せんろでこの電車でんしゃ試験しけんを1ねん以上いじょうおこないます。そして、2030ねんから、ディーゼルエンジンの列車れっしゃわりにこの電車でんしゃ使つか計画けいかくです。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore