環境かんきょうのノーベルしょう」を日本にっぽん平田ひらた仁子きみこさんがもらう

Article header image
アメリカの団体だんたい毎年まいとし地球ちきゅう大切たいせつにするためにすばらしい活動かつどうをしたひとしょうおくっています。このしょうは「環境かんきょうのノーベルしょう」とばれています。 今年ことし京都市きょうとしのNGO「気候きこうネットワーク」の平田ひらた仁子きみこさんがこのしょうをもらうことになりました。平田ひらたさんは、地球ちきゅう気温きおんげる原因げんいんになる二酸化炭素にさんかたんそ問題もんだいについて、活動かつどうをしています。 日本にっぽんでは2011ねん原子力げんしりょく発電所はつでんしょ事故じこのあと、石炭せきたん使つか発電所はつでんしょを50やす計画けいかくがありました。アメリカの団体だんたいは「平田ひらたさんの活動かつどうで、13の発電所はつでんしょ計画けいかく中止ちゅうしになって、発電所はつでんしょ二酸化炭素にさんかたんそすくなくしました。すくなくなったりょうは、750まんだいくるまが40ねんあいだ二酸化炭素にさんかたんそりょうおなじです」といました。 このしょうをもらう日本人にっぽんじんは3にんです。日本人にっぽんじん女性じょせいでははじめてです。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore