インドでつかったウイルス「うつるちからは1.78ばい可能性かのうせい

Article header image
あたらしいコロナウイルスの変化へんかしたウイルスのなかで、インドで最初さいしょつかったウイルスは、いま世界せかいひろがっています。日本にっぽんでもつかっていて、北海道大学ほっかいどうだいがく京都大学きょうとだいがくのグループは、このウイルスについて調しらべました。 このウイルスの日本にっぽんでのかずかた調しらべると、うつるちから変化へんかするまえのウイルスの1.78ばいになる可能性かのうせいがあります。 うつるちからつよいため、計算けいさんすると日本にっぽんでは7がつ中旬ちゅうじゅんに、半分はんぶん以上いじょうがこのウイルスにわりそうだとグループはっています。 グループは「日本にっぽんのデータでもうつるちからつよさがわかってきました。これからは、うつるちからつよさもかんがえて、ウイルスがひろがらないようにする方法ほうほうかんがえることが必要ひつようです」とっています。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore