弥生時代やよいじだい男性だんせいているひとさがしています」

Article header image

鳥取県とっとりけんにある青谷上寺地遺跡あおやかみじちいせきで、1800ねんぐらいまえ弥生時代やよいじだいひとほねがたくさんつかりました。 国立科学博物館こくりつかがくはくぶつかんなどの研究けんきゅうグループは、ほねのDNAを調しらべて、この時代じだい男性だんせいかおつくりました。男性だんせいはやせていて、父親ちちおやまえから日本列島にっぽんれっとうにいたひと母親ははおや中国ちゅうごくなどがある大陸たいりくからひとだとわかりました。 インターネットではたくさんのひとが、友達ともだち有名ゆうめいじんがこの男性だんせいているといました。 このため、けんているひと日本中にほんじゅうからあつめることにしました。自分じぶん写真しゃしんなどをおくってくれたひとなかから、10にんけん招待しょうたいして、いちばんているひとめます。 平井ひらい知事ちじは「ぜひ鳥取県とっとりけん遺跡いせきて、日本人にっぽんじん祖先そせんについてかんがえてみてください」とはなしました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore