実験じっけんでわかる マスクはからだはいるコロナウイルスをすくなくする

Article header image

東京大学とうきょうだいがく医科学研究所いかがくけんきゅうしょのグループは、本当ほんとうあたらしいコロナウイルスを使つかって、マスクをするとからだはいるウイルスをどのくらいすくなくできるか実験じっけんしました。 研究けんきゅうグループは、ウイルスがはいったまつをくちから人形にんぎょうと、ひとのように空気くうき人形にんぎょうを、かいうようにきました。 空気くうき人形にんぎょうだけにぬののマスクをした場合ばあいったウイルスは17%すくなくなりました。サージカルマスクをした場合ばあいは47%すくなくなりました。病院びょういんなどで使つかう「N95」というマスクを、かお隙間すきまがないようにした場合ばあいは79%すくなくなりました。 しかし、両方りょうほう人形にんぎょうにマスクをしても、ウイルスを全然ぜんぜんわないようにすることはできませんでした。 研究けんきゅうグループは「マスクをすることが大切たいせつだとわかりました。しかし、ウイルスがからだ全然ぜんぜんはいらないようにすることはできないので、マスクだけで大丈夫だいじょうぶだとおもわないことも大切たいせつです」とはなしています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore