ウガンダの選手せんしゅ障害しょうがいがあるひとへの差別さべつをなくすためにおよぐ」

Article header image

アフリカのウガンダのフスナ・ククンダクエ選手せんしゅは、14さい女性じょせい水泳すいえい選手せんしゅです。まれたときからみぎうで一部いちぶがなくて、ひだり障害しょうがいがあります。東京とうきょうパラリンピックでは平泳ひらおよぎにて、14にんなかで12ばんでした。 ウガンダではたたかいがながつづいたため、障害しょうがいがあるひとがたくさんいます。障害しょうがいがある女性じょせいへの差別さべつがひどいというレポートもあります。 ククンダクエ選手せんしゅ試合しあいのあと、IPCのウェブサイトで自分じぶん気持きもちをつたえました。ククンダクエ選手せんしゅは「ウガンダには障害しょうがいがあるどもをそだてないおやがたくさんいます。そのようなおやがパラリンピックをたとき、ゆめって頑張がんばどもを応援おうえんすればよかったとかんがえるでしょう」といました。 そしてこれからも水泳すいえいつづけて、障害しょうがいがあるひとへの差別さべつをなくしたいといました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore