ゆきつくった「かまくら」の行事ぎょうじ どもたちがたのしむ

Article header image

秋田県あきたけん横手市よこてしで15にちと16にちむかしからつづく「横手よこてのかまくら」という行事ぎょうじがありました。この行事ぎょうじは、ゆきつくった「かまくら」のなかはいって、こめなどがよくそだつようにみずかみさまいのります。 新型しんがたコロナウイルスの問題もんだいで、今年ことし大勢おおぜいひとてもらうことはやめて、んでいる地区ちくでかまくらをつくりました。 1つの地区ちくでは、たかさ5mぐらいのかまくらをつくりました。屋根やねはわらでできています。保育園ほいくえんども20にんぐらいが、かまくらのなかはいって、みんなでうたうたいました。 はじめてかまくらにはいった5さいおとこは「なかはあたたかくて、ひろくてびっくりしました」とはなしました。つくったひとは「かまくらはわたしたちのたからなので、これからもつくつづけたいです」とはなしました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore