いえ仕事しごとをするひと運動うんどうりなくなるのでをつけて

Article header image

あたらしいコロナウイルスがうつらないように、自分じぶんいえなどで仕事しごとをするひとえています。 筑波大学大学院つくばだいがくだいがくいんなどのグループは、健康けんこう問題もんだいがないかるため、いえ仕事しごとをするようになったひとが1にちにどのくらいあるいているか調しらべました。 東京とうきょうにあるおおきな会社かいしゃのひとつではたらいている100にんぐらいを調しらべると、会社かいしゃっていたときは、平均へいきんで1にちに1まん1500ぐらいあるいていました。 しかし、いえなどで仕事しごとをするようになってからは30%ぐらいすくなくなりました。70%ぐらいすくなくなって、1にちに3000ぐらいになったひともいました。厚生労働省こうせいろうどうしょうは、健康けんこうのために1にちに8000あるくようにっていますが、それよりずっとすくなくなっていました。 筑波大学大学院つくばだいがくだいがくいん久野くの譜也しんや教授きょうじゅは「このままでは運動うんどうりなくなるので、血圧けつあつたかくなることなどからだ具合ぐあいをつけなければなりません」とはなしています。

To article list Next article ›
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore