梅雨つゆ

Article header image

日本にほんは、本格ほんかくてき梅雨つゆはいりました。

毎日まいにちあめって、湿気しっけおおく、なんだかごしずらいつづいてます。

漢字かんじで「梅雨つゆ」といてみると、「うめ」と「あめ」ですね。

なぜ、6ろくがつから7しちがつあめ時期じきに「うめ」の使つかわれているのでしょう。

おおきくなったうめじゅくしてつぶれる時期じきでもあることから、「うめつぶれる時期じきあめ」ということで「梅雨つゆ」になったそうです。

この梅雨つゆ時期じきは、とっても大切たいせつ季節きせつなのです。

日本にほんこめづくりがさかんですが、おこめつくるのにあめはとても大切たいせつです。

あめることで、んぼにつねみずめておくことができます。

また、わたしたちの生活せいかつにもみず大切たいせつ資源しげんです。

梅雨つゆ時期じきは2かげつほどです。

あめつづいて、気分きぶんむかもしれませんが、大切たいせつ自然しぜんめぐみだとおもって、感謝かんしゃしましょう。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore