みみこえない生徒せいと手話しゅわでの生活せいかつほこりをっています」

Article header image
高校生こうこうせい作文さくぶんのコンクールで、奥田桂世おくだけいよさんが1ばんになりました。コンクールには、8まん以上いじょう作文さくぶんあつまりました。奥田おくださんは、みみこえないひとかよ千葉県ちばけん学校がっこう生徒せいとです。 奥田おくださんは作文さくぶんに、みみこえないひとについて「かずすくないですが、手話しゅわという特別とくべつなことばを使つかって、ることやさわることを大切たいせつにして生活せいかつするひとたちです。わたしほこりをっています」といています。 「障害しょうがいしゃ」というかたについて、奥田おくださんは「自分じぶんちがひと一緒いっしょにいたくないとかいやだとおもっていると、わたしたちの未来みらいあかるくありません。どんなひともみんなおな世界せかいきていることを大切たいせつおもうことが必要ひつようです」といています。 奥田おくださんは手話しゅわで「自分じぶん気持きもちをたくさんのひとつたえることができて、うれしくなりました」とはなしていました。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore