VRを使つかってとおくにいてもはかったようにかんじるサービス

Article header image

今年ことしのおぼんは、あたらしいコロナウイルスがひろがっているため、ふるさとにかえらないひとえています。 はかいしなどをみせのグループは、VRの技術ぎじゅつ使つかって、ふるさとのはかったようにかんじることができるサービスをはじめました。 このサービスをたのむと、みせひとがカメラをってはかきます。そして、はか掃除そうじをしてはな線香せんこうかざるところをカメラでうつします。たのんだひと自分じぶんいえで、VRの機械きかいをつけてインターネットで映像えいぞうます。とおくにいても、はかったようにかんじることができます。 みせひとは「としをとったり病気びょうきになったりしてはかくことができないひとにも利用りようしてほしいです」とっています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore