モーリシャス ふね事故じこから1かげつ

Article header image

日本にっぽんふねが7がつ25にち、モーリシャスのちかくでいわにぶつかってうごくことができなくなりました。ふねからはたくさんのあぶらて、海岸かいがんながれました。国連こくれんは、あぶらながれてきた海岸かいがんながさは30kmぐらいだとかんがえています。 この海岸かいがんには、世界せかいでもめずらしいさんごとマングローブのはやしがあります。 モーリシャスにっている日本にっぽん専門家せんもんかは25にち、「こわれたふねそこがさんごにぶつかってうみみずよごれています。さんごがいきをしたりたまごむのがむずかしくなるかもしれません」といました。 マングローブを研究けんきゅうしているひとは「マングローブはあぶらがついたままだと、6かげつぐらいでれてしまいます」とはなしています。マングローブのはやしにはかいさかなとりなどいろいろな生物せいぶつがいます。できるだけはやあぶらかたづけなければなりません。

To article list Next article ›
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore