とりインフルエンザがいままででいちばんひろがっている

Article header image

11がつ香川県かがわけん農家のうかそだてていたにわとりから、とりインフルエンザのウイルスがつかりました。そのあと、5つのけんでもつかりました。 このウイルスは、うつったにわとりぬことがおおい「H5N8がた」です。ウイルスがひろがらないように、けんなどが230まんぐらいのにわとりころしています。ぬことがおおいウイルスでは、ころしたにわとりかずいままででいちばんおおくなりました。 農林水産省のうりんすいさんしょうは、ヨーロッパなどの外国がいこくでこのウイルスがひろがっているため、日本にっぽんでもひろがっているとかんがえています。 くに研究所けんきゅうじょ調しらべると、日本にっぽんつかったウイルスは、ヨーロッパでひろがっているウイルスとていました。 ウイルスをはこぶのは、季節きせつわると場所ばしょえるとりです。ロシアのシベリアにがあって、ふゆになるとあたたかいところんでいきます。専門家せんもんかは、このとりがシベリアから日本にっぽんにウイルスをってきたとかんがえています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore