しんじているからべる

Article header image

クマバチは、2cmほどのおおきさで、まるからだをしています。ときにブンブンとおおきなおとをたててぶので危険きけんなハチと勘違かんちがいされることがおおいですが、ひとすことはほとんどなく、されても重症じゅうしょうになることはすくないそうです。

このハチについて興味深きょうみぶかはなしがあります。クマバチはからだわりはねがとてもちいさく、むかし何故なぜこのハチがべるか、だれもわからなかったそうです。その、からだ似合にあわないちいさなはね筋肉きんにくりょうでは、むかし航空こうくう力学りきがくてきにはぶことは不可能ふかのうだったそうです。
そこで、出版しゅっぱんしゃのラルフ・ルイス・ウッズが、こんなことをったそうです。

「クマバチは本当ほんとうべないけれど、自分じぶんべないことをらないから、べるんだよ」

ハチとしてまれ、背中せなかはねがあるのならべるはず。はねのサイズはにせず、べるとしんぶ。
面白おもしろいですよね。
いまでは原理げんり証明しょうめいされていますが、わたしは個人こじんてきにこの「おもみでぶ」原理げんりほうきです。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore