ファイザーのくすり 200まんにん使つかりょう約束やくそくをした

Article header image

アメリカのファイザーがつくった「パクスロビド」は、新型しんがたコロナウイルスの病気びょうきがひどくならないように、くちからくすりです。厚生労働省こうせいろうどうしょうは、このくすり日本にっぽん使つかうかどうかはなっています。 1がつ31にち厚生労働省こうせいろうどうしょう後藤ごとう大臣だいじんは「ファイザーと、今年ことしわりまでに200まんにん使つかりょうくすり約束やくそくをしました」といました。そして「2がつ中旬ちゅうじゅんごろ、日本にっぽんでこのくすり使つかうことをみとめることができたら、すぐに4まんにん使つかりょうとど予定よていです」といました。 後藤ごとう大臣だいじんは「このくすりはオミクロンかぶでも病気びょうきがひどくなりにくいようです。必要ひつようひとにしっかり使つかうことができるようにしたいです」といました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore