去年きょねんのアジアの平均へいきん気温きおん いままででいちばんたかかった

Article header image

国連こくれんのWMOは、アジアの気候きこうについて調しらべた結果けっか発表はっぴょうしました。 去年きょねんのアジアの平均へいきん気温きおんは、世界せかい平均へいきんより0.5℃ぐらいたかかったとっています。そして、調しらはじめてからのやく100ねんでいちばんたかくなりました。1981ねんから2010ねんの30ねん平均へいきんくらべても、1.39℃たかくなっています。 アジアのなかでもとくきた地域ちいきは、おおきくわりました。シベリアの北極ほっきょくちか場所ばしょ平均へいきん気温きおんは、30ねん平均へいきんより5℃以上いじょうたかくなりました。シベリアなどでは気温きおんが38℃までがるもあります。チベットやヒマラヤのたかやまでは、氷河ひょうがちいさくなっています。 去年きょねん台風たいふうやサイクロンなどの災害さいがいくなったひとは、日本にっぽんれたアジア全部ぜんぶやく5000にんでした。WMOは、かわみずがあふれたり、あめらなかったりして、やく5000まんにん被害ひがいなどをけたとっています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore