ウイルスがうつったひとのために工事こうじした建物たてもの全然ぜんぜん使つかわなかった

Article header image

東京とうきょうオリンピックとパラリンピックの安全あんぜんのために、日本中にほんじゅうから警官けいかんあつまることになっています。くには、警官けいかんまる建物たてもの東京とうきょう大田区おおたくなどにつくりました。このなかの4つの場所ばしょでは、あたらしいコロナウイルスがうつったひとやすむことができるように、去年きょねん4がつ工事こうじをしました。 しかし、この建物たてものを1かい使つかったことがありません。7がつからオリンピックがあるため、くには、まえのように警官けいかんまる建物たてものにする工事こうじ今月こんげつからはじめる予定よていです。去年きょねん今年ことし工事こうじに、全部ぜんぶで40おくえん以上いじょうかかるようです。 くになどがおこな工事こうじ専門家せんもんかは「コロナウイルスがひろがってどうしたらいいか、くにはやめる必要ひつようがあったことはわかります。しかし、たくさんのおかねがかかった建物たてものを1かい使つかわなかったことについて、しっかり調しらべなければなりません」とはなしています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore