くなったスリランカの女性じょせい医療いりょう十分じゅうぶんではなかった」

Article header image

名古屋出入国在留管理局なごやしゅつにゅうこくざいりゅうかんりきょく外国人がいこくじんはい施設しせつで3がつ、スリランカじんのウィシュマ・サンダマリさんがくなりました。くには8がつ10日とおか、この問題もんだいについて報告ほうこくしました。 それによると、ウィシュマさんが病院びょういんきたいとっても、職員しょくいんうえひと相談そうだんしないで、病院びょういんれてかないことをめました。ウィシュマさんがくなったに、医者いしゃなどからだ具合ぐあいをみるひとがいませんでした。そのため必要ひつよう治療ちりょうができなかったとっています。 上川かみかわ法務ほうむ大臣だいじんは「とてもつらい気持きもちでくなったとおもいます」とあやまりました。そして「これからおなじような問題もんだい絶対ぜったいにないようにします」といました。 ウィシュマさんのいもうとは「いままでにもくなったひとがいます。いつになったら、施設しせつ医療いりょうはよくなるのでしょうか」とはなしました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore