フィギュアスケートの団体だんたい 日本にっぽんはじめてのどうメダル

Article header image

北京ぺきんオリンピックで6日むいか7日なのか、フィギュアスケートの団体だんたい決勝けっしょうがあって、日本にっぽんなど5つのチームがました。男子だんしシングル、女子じょしシングル、2人ふたり一緒いっしょすべるペア、アイスダンスの4つの試合しあいをしました。それぞれの試合しあい順位じゅんいで、チームにポイントがはいります。 日本にっぽん6日むいか男子だんしシングルの試合しあい鍵山かぎやま優真ゆうま選手せんしゅが1ばんになりました。7日なのかのペアの試合しあいでは、三浦みうら璃来りく選手せんしゅ木原きはら龍一りゅういち選手せんしゅが2ばんになりました。アイスダンスでは、小松原こまつばら美里みさと選手せんしゅおっとたける選手せんしゅが5ばんになりました。最後さいご試合しあい女子じょしシングルで、坂本さかもと花織かおり選手せんしゅが2かいつづけてぶジャンプを成功せいこうして、2ばんになりました。 この結果けっか日本にっぽんは3ばんになって、どうメダルをりました。フィギュアスケートの団体だんたい日本にっぽんがメダルをったのははじめてです。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore