東日本大震災ひがしにほんだいしんさいから10ねん くなったひとのためにいのしき

Article header image

東日本大震災ひがしにほんだいしんさいこってから10ねんになる11にちくなったひとのためにいのしき東京とうきょうでありました。天皇てんのう陛下へいか皇后こうごうさま、すが総理大臣そうりだいじんくなったひと家族かぞくなどが出席しゅっせきしました。 地震じしんこった午後ごご46ぷんになると、出席しゅっせきしたひとたちがしずかにいのりました。 すが総理大臣そうりだいじんは「こわれたまちなお工事こうじなどはすすんでいますが、まだ十分じゅうぶんではありません。まちひとまえ生活せいかつもどることができるように、これからもたすけていきます」とはなしました。 天皇てんのう陛下へいかは「1日いちにちでもはやおだやかな生活せいかつもどるように、被害ひがいがあったひとたちの気持きもちをみんなでかんがえることが大切たいせつだとおもいます」とはなしました。 しき出席しゅっせきした福島県ふくしまけん齋藤さいとうまことさんは「5さいだった息子むすこ津波つなみくなりました。わたし小学校しょうがっこうはたらいているので、どもたちにいのち大切たいせつさをおしえて、震災しんさいかんじたことをつたえていきます」とはなしました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore