RSウイルスがうつったどもがとてもえている

Article header image

「RSウイルス感染症かんせんしょう」は、かぜのような病気びょうきで、ウイルスでうつります。ちいさいどもがうつりやすくて、あかちゃんなどは病気びょうきおもくなる心配しんぱいがあります。 国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょによると、先月せんげつ30にちまでの1週間しゅうかんに、やく3000の病院びょういんでRSウイルスがうつったどもが7818にんいました。これは、3ねんまえやおととしのやく8ばい去年きょねんやく600ばいです。 去年きょねんは、あたらしいコロナウイルスがひろがらないようにマスクをしたり、保育園ほいくえんやすみになったりしたため、RSウイルスはひろがらなかったようです。普通ふつうはRSウイルスがうつって免疫めんえきができている2さいまでのどもたちのおおくが、まだ免疫めんえきっていないためにひろがっていると専門家せんもんかかんがえています。 専門家せんもんかは「どもがくるしそうなときや、ごはんべないときは、はや病院びょういん相談そうだんしてください」とはなしています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore