「ウイルスをめるにはわかひとべつけんかないことが大切たいせつ

Article header image

厚生労働省こうせいろうどうしょう3日みっか専門家せんもんかあたらしいコロナウイルスについて調しらべた結果けっか発表はっぴょうする会議かいぎひらきました。 東北大学とうほくだいがく押谷おしたに教授きょうじゅは、ウイルスがうつったひとなかで、今年ことしがつから8がつかけた場所ばしょいたやくまん5000にんについて調しらべました。このなかで、自分じぶんんでいるところからべつけんなどにったひとが、ほかのひとにウイルスをうつした割合わりあいは25.2%でした。べつけんっていないひとと、よくわからないひとがうつした割合わりあいは、21.8%でした。べつけんったひとのほうが、うつした割合わりあいたかくなりました。 ほかのけんったひとなかで、家族かぞく以外いがいひとにうつしたひとの89%は、10さいから59さいでした。60さいよりわかひとべつけんって、ウイルスをひろげていました。 専門家せんもんかは「このデータをると、ウイルスがひろがるのをめるためには、わかひとかけないことが大切たいせつだとわかります」とはなしています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore