コロナウイルス 医者いしゃなどの30%ぐらいが「うつ」のよう

Article header image

東京とうきょうにある日本赤十字社にっぽんせきじゅうじしゃ医療いりょうセンターの病院びょういんは、あたらしいコロナウイルスの病気びょうきになったひとをたくさん治療ちりょうしています。 センターは、この病院びょういんはたら医者いしゃ看護師かんごしなどに、くら気分きぶんになることがあるかや、よくねむることができるかなどをアンケートできました。848にんこたえました。 その結果けっか、27.9%のひとが「うつ」のようになっていることがわかりました。 調しらべた医者いしゃは、自分じぶんにウイルスがうつっていることをらないで家族かぞくやほかのひとにうつすことを心配しんぱいしているためだとかんがえています。ほかのひとにうつさないように、1人ひとりでホテルにまっていたことも原因げんいんかもしれないとかんがえています。 病院びょういんはたらひとこころ健康けんこうまもるチームをつくりました。調しらべた医者いしゃは「医者いしゃ看護師かんごしなどが頑張がんばることができるようにたすけることが大切たいせつです」とはなしています。

To article list Next article ›
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore