鉄道てつどう安全あんぜんのために あたらしい車両しゃりょうにはカメラをつける

Article header image

今年ことし10がつ京王線けいおうせん電車でんしゃなかで、おとこがナイフでひと事件じけんがありました。11がつには九州新幹線きゅうしゅうしんかんせんなかおとこをつける事件じけんもありました。事件じけんつづいているため、くに鉄道てつどう安全あんぜんのためのあたらしいルールをめました。 鉄道てつどう会社がいしゃは、あたらしい車両しゃりょう全部ぜんぶにカメラをつけなければなりません。運転手うんてんしゅ車掌しゃしょうなどが車両しゃりょうなか様子ようすをカメラの映像えいぞうることができるようにすることもかんがえています。 事件じけん事故じこなど非常ひじょうのときにドアをける「ドアコック」の使つかかたをピクトグラムという使つかってわかりやすく説明せつめいすることもかんがえています。そして、全部ぜんぶ会社かいしゃおな使つかうようにしたいとかんがえています。 電車でんしゃ新幹線しんかんせんまえ荷物にもつ調しらべることについては、おおくの鉄道てつどう会社がいしゃむずかしいとっているため、どうするかまだまっていません。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore