ウイルスの問題もんだいでストレス「どもをたたいてしまった」

Article header image

あたらしいコロナウイルスの問題もんだいで、かけることができなくなったり、学校がっこうやすみになったりして、家族かぞくいえにいる時間じかんえています。 名古屋市なごやしのNPOには、日本中にほんじゅうおやたちから「どもをたたいた」とか「どもにひどいことをってしまった」などの相談そうだんあつまっています。学校がっこうやすみがはじまった3がつは、去年きょねんより30けんぐらいえて、196けん相談そうだんがありました。いえなが時間じかんどもと一緒いっしょにいて、おやのストレスがおおきくなっているようです。 専門家せんもんかは「あたらしいコロナウイルスがひろがって、心配しんぱいだとかこわいとおもうのは普通ふつうのことです。いつもならおこらないことでおこってしまうこともあります。ストレスがおおきいいまおやはどならない、たたかないとつよおもってほしいです」とはなしています。

To article list Next article ›
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore