オリンピック 卓球たっきゅうはじめて日本にっぽんのペアがきんメダルを

Article header image

オリンピックの卓球たっきゅうあたらしい種目しゅもくで、男子だんし女子じょしがペアの混合こんごうダブルスの決勝戦けっしょうせんが26にちにありました。日本にっぽん水谷隼みずたにじゅん選手せんしゅ伊藤美誠いとうみま選手せんしゅのペアが、いままでったことがない中国ちゅうごくのペアにってきんメダルをりました。 日本にっぽんのペアは、最初さいしょの2ゲームはけていました。しかし、3−3になったあとの最後さいごのゲームでつづけて8てんるなどつよ気持きもちでめて、4−3でちました。日本にっぽん卓球たっきゅうきんメダルをったのははじめてです。 水谷みずたに選手せんしゅは「中国ちゅうごくにやっとつことができました。きんメダルをゆめが、27ねんかかって本当ほんとうになってしあわせです」とはなしていました。 伊藤いとう選手せんしゅは「すごくうれしいです。最後さいごまであきらめないで試合しあいができてたのしかったです」とはなしていました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore